隅田川に架かる橋 第八回「隅田川いちの癒し系。優しさイエローの蔵前橋」

東京を代表する一級河川、隅田川に架かる様々な橋。第八回は、両国にほど近い蔵前橋にスポットを当てていきます。浅草の象徴、吾妻橋と4年違いの完成で橋の形もそっくりですが、蔵前橋には、他の橋にはない癒しの魅力があるのです。

かつての「米蔵」の地に誕生

江戸時代最大の米蔵「浅草御米蔵」があった「蔵前」の地名が由来になっている蔵前橋。関東大震災の復興の一環として、もともとは富士山が一望できる「富士見の渡し」があった場所に昭和2年に創架されたのが始まりなんです。

優しい黄色にどこか癒されます

端正なフォルムが美しい蔵前橋の印象的な黄色のカラーは、豊かに実った“稲穂”をイメージしているそう。周辺の堤防にも「蔵」を連想させる装飾が施されるなど、どこか温かみのあるデザインに歩いているだけで癒されるのではないでしょうか。

職人技が光る手仕事の街!

戦前戦後は主に革製品などのものづくりが盛んだった蔵前の街。最近はクリエイターが集まるおしゃれな手仕事の街としても大盛り上がり!川沿いには飲食店や体験コースをやってるお店もあるのでデートにもおすすめですよ♪

●蔵前橋へのアクセス

・東京駅-(JR総武線4分)-馬喰町駅-(徒歩8分)-東日本橋駅-(都営浅草線3分)-蔵前駅-(徒歩5分)-蔵前橋

・東京駅-(JR上野東京ライン2分)-新橋駅-(都営浅草線11分)-蔵前駅-(徒歩5分)-蔵前橋

隅田川に架かる橋 第七回 「ただ者じゃない!重要文化財指定の勝鬨橋」

東京湾に辿り着く前の最後の橋となる勝鬨橋。隅田川のもっとも下流に架かり、国の重要文化財に指定されています。さらに、跳開部の機械設備が評価され機械遺産の認定まで受けているというから驚き。なにやら凄そうな勝鬨橋、早速探っていってみましょう。

勝利の喜びから架けられた橋

勝鬨とは戦に勝利した時に上げる大きな声のこと。勝鬨橋という名前の由来は、日露戦争で苦戦の末にようやく旅順が陥落し勝利した際、祝勝記念としてここに設置された「勝鬨の渡し」からきています。

日本で一番大きく動いていた橋だったが…

日本の技術と知恵から生まれた勝鬨橋。造られた当時はまだ船が交通の主流で、隅田川に入ってくる船も多く、1日に5回も開閉していたのだそう。しかし、時代は移りゆくもの。橋が開くと交通渋滞をおこすことから、1970年に橋の開閉は永久に停止されました。

アメリカンな船内で旅行気分も盛り上がる!

1920年代にアル・カポネが暗躍した禁酒法時代のアメリカをイメージした船内が特徴の大型クルーズ船「道灌」。ワインレッドやダークグリーンを基調とした内装はとても重厚感があります。古き良きアメリカにタイムスリップして、いつもとひと味違うクルージングを楽しんでみませんか?

●勝鬨橋へのアクセス

・東京駅-(JR山手線1分)-有楽町駅-(東京メトロ有楽町線5分)-月島駅-(都営大江戸線2分)-勝どき駅-(徒歩8分)-勝鬨橋

・東京駅-(JR山手線4分)-浜松町駅-(徒歩9分)-大門駅-(都営大江戸線7分)-勝どき駅-(徒歩8分)-勝鬨橋

隅田川に架かる橋 第六回 「今までとは一味違う!?モダン&クールな中央大橋」

一級河川の隅田川に架かる様々な橋をご紹介する当コラム。今回は隅田川に架かる橋の中でもトップクラスに優美な姿を誇る中央大橋。今までとは一味違うモダンな造形美は必見です!

デザインソースは勇ましい“兜”!?

芸術性の高いデザインはフランスの会社によるもの。ちなみに架橋部分がかつて鎧島と呼ばれていたため、その対となる兜をモチーフにしたと言われています。また日中と夜中は全く別の印象になるため、気になる方は是非。

パリからの贈呈品である個性的な像

橋桁の上流側に目を移すと現れるのがオシップ・ザッキン作の「メッセンジャー像」。隅田川の友好河川であるセーヌ川、それが流れるパリから友好の印として贈呈されたもので、航海の安全を司る神だと現地では言われています。

チャーミングな色の遊覧船で心も昂ぶる!

船首に施されたピンク色のラインがチャーミングな遊覧船、「リバータウン」。屋上デッキからは船外の景色も楽しむことが可能。橋の下をくぐりながら上を向いたメッセンジャー像を眺めるのがオススメです。

●中央大橋へのアクセス

・東京駅-(JR京葉線2分)-八丁堀駅-(徒歩8分)-中央大橋

・東京駅-(東京メトロ丸の内線2分)-銀座駅-(東京メトロ日比谷線6分)-八丁堀駅-(徒歩8分)-中央大橋

隅田川に架かる橋 第五回 「恋を叶えてくれる幻想的な色の永代橋」

 

 

一級河川の隅田川に架かる様々な橋をご紹介する当コラム。第七回目はなだらかな弧を描く優しいシルエットの永代橋。忙しい毎日を送る都会人にホッと一息つかせてくれる、少しレトロな雰囲気が持ち味です。

 

名匠の情緒豊かな錦絵

江戸時代を代表する浮世絵師、歌川広重などによる錦絵が多数残されていることでも有名な橋。その情緒豊かな光景に、思わず絵を残したい衝動に駆られたのでしょう。皆さんも風流な気分に浸ってみてはいかが!?

 

水浸しになる夏祭りを開催!?

実は永代橋って江戸三大祭りの一つ、深川の水掛祭こと深川八幡祭りのスポット。参加する際は濡れてもいい服装で挑みましょう(笑)。ちなみに昔は歴史的な事故がありましたが、現在は補修され堅牢になっているのでご安心を。

 

ロマンチックなデートを楽しんで

夜になるとブルーの明かりに包まれて幻想的な雰囲気に変わります。ゆっくり眺めたいなら近くにある新川公園がオススメ。とても雰囲気がいいのでデートにも最適です。ちなみにライトアップは21時までなのでお気をつけて。

 

●永代橋へのアクセス

・東京駅-(東京メトロ丸の内線1分)-大手町駅-(東京メトロ東西線6分)-門前仲町駅-(4番出口8分)-永代橋

・東京駅丸の内北口-(都営バス【東22】錦糸町駅前行 13分)-永代橋

愛犬と一緒にはじめての舟旅を楽しもう~ちょっと贅沢な愛犬の誕生日の過ごし方

大切な家族の一員である愛犬の誕生日は、飼い主にとっても一年に一度の特別な日。今回はそんな愛犬の誕生日を、ちょっぴり贅沢に過ごすお出かけプランをご紹介。愛犬と気軽に乗れるアーバンランチで浅草周遊コースを楽しみながら、スカイツリーを拝んだり、ドッグカフェでサプライズケーキを食べたり、隅田川テラスをお散歩したり♪いつのもお出かけに少しプラスするだけで、思い出に残る一日を過ごすことができます。

 

浅草駅周辺のワンちゃんおすすめSPOT

まずは水上バスで贅沢に浅草を周遊!



吾妻橋のすぐそばにあり、アクセス抜群の浅草水上バス乗り場。今回乗船したアーバンランチは、「浅草周遊」と「浅草→日本橋」の2コースが運航中。川沿いの遊歩道からそのまま船に乗り込めるので、愛犬もノンストレスです。

フォトスポットたっぷりの浅草周遊

浅草は、スカイツリーやアサヒビールの特徴的なモニュメントなど、フォトスポットが盛りだくさん。船上から眺める贅沢な景色とともに、愛犬との思い出写真をパチリ♪フォトスポットでは船を止めてくれるので、色んなアングルからゆっくり撮影を楽しめます。

 

ドッグカフェで一休みと見せかけ・・・



愛犬とクルージングを楽しんだあとは、いよいよサプライズの時間!
浅草水上バス乗り場から徒歩5分、行き着いたのは…♪
「DOG DEPT CAFÉ 浅草 隅田川テラス店」

 

わんこ用の鶏肉ケーキでお誕生日祝いを・・・♡



事前に予約しておいたバースデーケーキでお祝い♪突然目の前に出てきた大きなケーキに、
愛犬も大喜びでした!ケーキの種類は、鶏肉ケーキ、合挽ケーキ、鹿肉ケーキの3種類。
その子の好みに合わせて、選んであげてください♪

 

ワンコも飼い主も大満足のドッグカフェ



隅田川沿いにあり、ゆったりとした川の流れを見ながら愛犬とくつろげる「DOG DEPT CAFÉ 浅草 隅田川テラス店」。ワンコ用バースデーケーキをはじめ、ワンバーガーやわんわんBBQ、エゾ鹿スティックなど、素材にこだわりスタッフがひとつひとつ手作りしたワンコメニューがずらりと揃っています。もちろん、飼い主さん用のランチ、ディナー、スイーツ、ドリンクメニューもばっちり!

 

隅田川テラスをお散歩♪ 浅草観光もぜひ!



最後は楽しかった1日を振り返りながら、隅田川テラスをのんびりお散歩。少し足を伸ばせばそのまま浅草観光を楽しむことも!

自由度の高い舟でのお出かけは、ワンコへの負担も最小限におさえられ、楽しみ方もうんと広がります。来年も元気に誕生日を迎えられますように♪

【アーバンランチ 浅草周遊コース】

   運行日程:原則 毎日運航

           (ただし毎月第二水曜日、臨時運休日を除く)

   発着場所:浅草水上バス乗場

   出航時間:12:10発(所要時間 約30分)

   乗船料金:大人1,200円、子供600円、ワンちゃん400円

    定員人数:1便あたり先着40名様

   ※乗船チケットは浅草券売所にて事前販売しております。

   ※受付は先着順、定員に達し次第終了となります。

   ※その他、気象海象の影響等やむを得ない事由により、

     予告なく欠航する場合がございます。

     当日の運行状況はこちらから

     →https://twitter.com/Urban_Launch

 

愛犬と一緒にはじめての舟旅を楽しもう

愛犬と一緒に過ごす休日、お決まりのお散歩コースもいいけれど、たまには少し遠出をしていつもと違う時間を楽しみたいものです。そんな時におススメなのが、ちょっとした旅行気分も味わえる舟旅。

今回は、愛犬と気軽に乗れるアーバンランチで、豊洲~浅草間を周遊。公園内の船着場からそのまま舟に乗り込める手軽さは愛犬家の間でも大人気で、リピーターも続出なのだとか。デッキ部分はゲージなしで乗船可能なので、愛犬ものびのびと過ごすことができます。 それでは、愛犬とのはじめての舟旅へ出発!  豊洲船着場周辺は、愛犬とのお出かけに嬉しいスポットが盛りだくさん。隣接する「ららぽーと豊洲」には、ドッグカフェやテラス席で愛犬と一緒に食事を楽しめるレストランもたくさんあり、行き場に困ることはありません♪ 

 

見晴らし最高な豊洲公園でひと遊び

まずは、大きな芝生広場のある豊洲公園でひと遊び。海沿いのお散歩コースを歩けば、開放的な景色を眺めながらゆったりとした時間を楽しめます。

 

公園内の船着場へ移動、いよいよ乗船

 

船着場についたら早速アーバンランチの中へ。はじめての舟に愛犬が緊張してしまっている場合は、無理せず抱っこスタイルで乗り込みましょう。 

犬と一緒に快適に過ごせるアーバンランチ

 船内はバッグイン必須ですが、デッキ部分はリードさえ付けていればOKという自由度の高さ。心地よい海風を感じながら愛犬と一緒に過ごす時間は、至福のひととき。 

ドリンク片手に贅沢クルージンング

 

愛犬とのリラックスタイムは船内で購入可能なドリンクと一緒に。デッキでも、船内でも、自由気ままな舟旅を満喫できます。

船長さんに聞いた「ペットと舟」のアレコレ

 

 公園内からそのまま乗船できるので、クルージングも含めていつものお散歩コースにしている飼い主さんが多いのだそう。舟まるごと貸し切って、ワンちゃんオフ会を開催♪なんて楽しみ方も! 

デッキ後方にはドッグランも
船上でワンコ達のオフ会を開催 (出典:イヌトミィ)

リピート確定!海の上で過ごす非日常な時間

 電車ではちょっと大変な愛犬とのお出かけも、舟を利用すれば楽々。周りを気にすることなく気軽に非日常的な時間を味わえる舟旅は、愛犬との思い出作りにピッタリです。いつものお散歩に、ぜひクルージングを追加してみてください♪

 

【アーバンランチ 豊洲→浅草クルーズ】

運行日程:原則 毎日運航 (ただし毎月第二水曜日、臨時運休日を除く) 

発着場所:豊洲水上バス乗場出航時間:11:00発(所要時間 約30分)   

乗船料金:大人1,200円、子供600円、ワンちゃん400円  

定員人数:1便あたり先着40名様 

※乗船チケットは船内販売となりますので、ランチポートまで直接お越しください。   

※受付は先着順、定員に達し次第終了となります。   

※その他、気象海象の影響等やむを得ない事由により予告なく欠航する場合がございます。    

当日の運行状況はこちらから

→https://twitter.com/Urban_Launch 

【愛犬とのオフ会についての問い合わせ先】

株式会社ファーサイド内イヌトミィ運営事務局support@inutome.jp 

海辺と都会の境界線をボーダーレスに繋ぐHi-NODE(ハイノード)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年8月3日(土)、東京都港区日の出ふ頭に誕生した「Hi-NODE(ハイノード)」。施設内には船客待合所のほか、レストラン&カフェも充実し、目の前には大きな芝生広場も!海と自然を感じながら、美味しい食事、きれいな景色、エンターテイメントや音楽を思いっきり楽しむことができる新感覚スポットです。

 

海と自然を感じられる2つのレストラン&カフェ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京湾を一望する海と緑に囲まれた全190席のレストラン&カフェ「BESIDE SEASIDE(ビサイドシーサイド)」では、季節素材を活かしたヨーロッパ料理をメインに、名物パエリアやハーブ&スパイシーな一皿を提供。

Acr1657373372352260271090

大窓からの差し込む光を感じながらゆったりとくつろげる店内は、天井も高く開放的な空間。海辺と都会の境界線をボーダーレスに繋いで、心躍るような「食と遊びと学び」を楽しめるオールデイ・ダイニングです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素材の旨味を生かしたシンプルながらも彩りあふれる料理と気軽なバーを楽しめる「BERTH ONE(バースワン)」。友人やパートナーとの特別な時間に、気軽に立ち寄れるバーとして、2次会などのパーティで貸切利用も可能です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たくさんの種類のお酒が取り揃えられた店内のバーカウンター。心地よい空間の中で、こだわりのお酒を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

海あり緑ありの最高の癒し空間

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海辺の景色や風を感じられるのはもちろん、たくさんの緑も楽しむことができる「Hi-NODE(ハイノード)」。施設内のどこへ行ってもすぐにそばに緑があり、心がほっと癒されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海に面したバルコニーやテラス席がたくさんあるのも「Hi-NODE(ハイノード)」の魅力。店内でも店外でも、シチュエーションに合わせて、海と緑を思う存分楽しめます。

海辺と暮らしの新しい関係を築く新施設「Hi-NODE(ハイノード)」。海と緑に囲まれたロケーションで、都心にいながらも時間の存在を忘れてしまう最高のスポットです。ぜひ足を運んでみてください♪

 

 

Hi-NODE(ハイノード)

https://hi-node.jp/

 

海も緑も楽しめる新感覚スポット「Hi-NODE(ハイノード)」が日の出ふ頭に誕生!

海も緑も楽しめる新感覚スポット「Hi-NODE(ハイノード)」が日の出ふ頭に誕生!

2019年8月3日(土)、東京都港区日の出ふ頭に船客待合所、レストラン、芝生広場から構成される新施設「Hi-NODE(ハイノード)」がグランドオープン!東京のど真ん中にいながらも、海、風、緑を感じることができる新感覚スポットで、海に面したバルコニーやテラス席からは東京港を一望することができる贅沢空間です。そんな都会のオアシスの誕生を祝して、8月2日(金)「Hi-NODE(ハイノード)」開業式典が行われました!

開業式典には小池百合子・東京都知事も来訪

公式の場で初のお披露目となった「Hi-NODE(ハイノード)」。開業式典は多くの参列者で賑わい、小池百合子・東京都知事も来訪。日の出ふ頭の新しい顔「Hi-NODE(ハイノード)」の事業に敬意を表し、東京都としても日の出ふ頭の活性化と舟運の活性化を進めていきたいと祝意を述べられました。

施設内を見学中の小池百合子・東京都知事。船着場やレストランなど、出来たばかりの「Hi-NODE(ハイノード)」を熱心に見てまわられました。

都会にいながら海も緑も楽しめる最高の癒しスポット

乗船予定のない人でもレストランやイベントで楽しむことができる「Hi-NODE(ハイノード)」。施設の目の前にある大きな芝生広場は、ヤシなど南国風の植栽が施され、山や川で採取した3DサウンドがBGMで流れる癒し空間。こちらの広場では、今後たくさんのイベントが開催される予定とのこと。ぜひ公式ページをチェックしてみてください!

色とりどりの植物がふんだんに詰め込まれたスタイリッシュなデザインの看板。「Hi-NODE(ハイノード)」のこだわりが、細部まで感じられます。

施設内には全100席のテラス席があり、心地よい海風を感じながら優雅なひと時を過ごすことができます。晴れた日にビール片手に乾杯!なんて楽しみ方も♪

もちろん、船着場まで直通となっているので移動も楽々!時間を気にすることなく乗船時間の直前まで食事やお酒をゆっくりと楽しむことができます。

ありそうでなかった新感覚のエンターテインメント空間「Hi-NODE(ハイノード)」。海も緑も同時に楽しむことができ、その場にいるだけでワクワクしてくる、まさに都会のオアシスです。

次回は、「Hi-NODE(ハイノード)」の内側をご紹介していきます♪

Hi-NODE(ハイノード)

https://hi-node.jp/

強さと繊細さ、2つの顔を持つ厩橋~隅田川に架かる橋

「強さと繊細さ、2つの顔を持つ厩橋」

優雅な三連アーチの厩橋。ガッチリ頑丈な骨格と曲線美、馬の装飾が特徴で、隅田川に架かる橋の中で一番美しいという人もいるほど。すぐそばには「日本のブルックリン」を実感できる複合施設「THE EAST」もあり、橋巡りをさらに盛り上げてくれます。

一風変わった名前の由来

厩橋が初めて架けられたのは1874年のこと。江戸時代、この界隈には幕府の米蔵があり、橋向こうに御米蔵の米を運ぶ馬の馬屋(厩=うまや)があったことにちなんで、この名前がつけられたのだそう。

あちこちに散りばめられた芸術

厩橋を語る上で忘れてはならない装飾の部分。芸術的な馬のレリーフをはじめ、親柱には馬を描いたステンドグラスがはめ込まれ、夜になると内の灯りで馬の絵が浮かび上がります。頑丈なだけでなく、随所にデザインのこだわりも感じられるなんとも贅沢な橋なんです。

屋形船で味わう非日常なひと時

江戸時代より粋な遊びとして楽しまれてきた「屋形船」。ランチをしながら、またお酒を飲みながら、日常から離れた特別な時間を過ごすのはいかがでしょうか。写真は厩橋のたもとから乗船できる「屋形船 釣新」。

東京の橋をモチーフにしたイケメンコンテンツ!

Ⓒハシダンシ

吾妻橋をはじめ、東京に架かる4つの橋を擬人化したキャラクター、ハシダンシはご存知ですか? 各キャラが持った演劇、花火、美術、動物という特技や特徴を用いて、奇想天外な物語を繰り広げます。今夏より本格始動!気になる方は是非チェックを!

厩(UMAYA)

パフォーマンス:動物パフォーマンス

イメージカラー:緑

身長:159cm

性格:自分にあまり自信がなく、照れ屋でもある。

「ほすう」という小さなウマを肩にのせていて、

恥ずかしくなるとマフラーやほすうのおなかに顔をうずめる。 

ハシダンシ公式サイト https://www.hashidanshi.jp/

●厩橋へのアクセス

・東京駅-(JR山手線6分)-御徒町駅-(徒歩6分)-上野御徒町駅-(都営大江戸線3分)-蔵前駅-(A7出口2分)-厩橋

・東京駅-(JR京浜東北線4分)-秋葉原駅-(JR総武線3分)-両国駅-(西口10分)-厩橋